» HOME  » RSS  » ADMIN

プロフィール

ララ

ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

アメリカンパイ in バンド合宿



笑い ★★★★☆
涙  ★☆☆☆☆
下品 ★★★★★


監督 :Steve Rash
出演 :Tad Hilgenbrink /Eugene Levy /Arielle Kebbel


内容
学園中で散々ハレンチ騒動を巻き起こした悪名高き卒業生スティーブの弟マット(Tad Hilgenbrink)。
マットは兄に憧れていた。
そしてハメをはずした今年の卒業式を台無しにしてしまう。
罰として学校のオタクが集まる吹奏楽部の合宿へ強制参加させられることに。
それでも懲りないマットは、合宿所に隠しカメラを持ち込み、部員のプライベートを盗撮する…




アメリカンパイシリーズのその後。
下品でヒドい、世界一おばかな性春青春ムービー。
今回も笑いと吐き気の連続でした。

今までのアメパイと違う点は、主役に敵がいること。
盗撮というダークなテーマを取り上げていること。
そして何より、ちょっぴり切ない恋物語があること。
泣きはしませんでしたが、かなりしんみりしました。
相変わらず、R指定はいらないのかというくらいのギリギリはありますが、
演出、構成、台詞、ほとんどが万人受けされやすくなっていると思います。
最低でこそ最高なコメディだとおもいます。

映画タイトル  ア行10.29(Sun)20:20コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

アニー



監督 :John Huston
出演 :Aileen Quinn /Albert Finney /Carol Burnett /Ann Reinking



内容
孤児院暮らしのアニー(Aileen Quinn)は、いつか必ず両親が迎えに来てくれると信じていた。
ある日、世間からのイメージを良くするため、
孤児を家に招待しようと考えている億万長者のウォーバックス(Albert Finney)の指示で、
その秘書であるグレース(Ann Reinking)が孤児院に訪れた。
グレースの目にとまったアニーは、ウォーバックスの豪邸に招待されることになる…




日本でもやっている"アニー"というミュージカルを知らない人はいないだろう。
なかでも、悲しいときに自分自身を励ますためにアニーが歌っていた"tomorrow"は有名。
少し子供向けでもあるような作品だが、大人が見ても十分心を動かされるだろうと思う。
「オリバーツイスト」「アニー」…貧しい子供が不況や貧困に負けずに、
歌とダンスで明るく生きていく、というストーリーには涙を誘われるが、
実際の問題に目を向けると、そんなことは言っていられないのが現実だと思う。
時代が変わるにつれて製作される映画の特徴などにも大きな変化があるのは当然だが、
最近ではこのような作品がほとんど無いと思うので、
この映画のような作品はとても貴重で、名作とよばれるべきものなのではないだろうか。
スレッド:映画感想|ジャンル:映画
映画タイトル  ア行05.06(Sat)17:54コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

赤いアモーレ



監督 :Sergio Castellitto
出演 :Sergio Castellitto /Penelope Cruz /Claudia Gerini /Marco Giallini



内容
外科医ティモーテオ(Sergio Castellitto)の病院に、交通事故にあった愛娘が運ばれてきた。
その無残な姿に呆然と立ち尽くしていると、昔愛して今は亡き女性の亡霊を目にする。
それは今から15年前、ティモーテオは妻(Claudia Gerini)と幸せに暮らしていた。
ある日、医師として孤独を感じた彼がふと立ち寄った町で、イタリア(Penelope Cruz)に出会う…




身勝手な男だな、その一言に尽きる。
公開時、みたいと思っていたのにみれず残念な思いをしたのですが、
今回やっとGYAOで鑑賞することが出来ました。
マーサの幸せレシピ』のSergio Castellittoの大きな目が色々な想いを表現していた。
Penelope Cruzはメイクダウンをしていて歯もぼろぼろ。
女優魂をかけた作品だと思う。
それでいて、しっかりと女性の魅力がでていた。
内容は『しあわせな孤独』の逆バージョンのような感じ。
とにかく身勝手で大胆な男の話。
スレッド:感想|ジャンル:映画
映画タイトル  ア行04.02(Sun)18:17コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

アイアムサム



監督 :Jessie Nelson
出演 :Sean Penn /Michelle Pfeiffer /Dakota Fanning



内容
知能障害で7歳までの知能しか持たないサム(Sean Penn)は、
コーヒーショップで働きながら、逃げた妻との間に出来た娘ルーシー(Dakota Fanning)を育てている。
ルーシーとサムは仲良く幸せに暮らしていたが、ルーシーは7才になりサムの知能を超えようとした時、
サムは養育能力が足りないという理由で、2人は離れ離れにされてしまう…




親子の愛について、とても純粋に考えることのできる映画です。
Dakota Fanningの、ちょっと高慢でも演技力の高さには感心します。
知能障害という男を演じたSean Pennの演技・表現力にも泣かされました。
子を親以上の身としてただ純粋に愛す彼の行為や言葉が胸に響きます。
親子愛NO1の映画だと思いました。そのわりには爽やか。
映画タイトル  ア行03.23(Thu)18:49コメント(2)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

AI



監督 :Steven Spielberg
出演 :Haley Joel Osment /Jude Law /Frances O'Connor /William Hurt



内容
近未来、人間の周りには彼らの生活を助けるために造られたロボットがたくさんいた。
外見は人間だが、心はなかった。
ある日、不治の病に侵されている少年を持つ夫婦に、子供のロボット・デイビットが与えられた。
デイビットはロボットとして初めて「愛」がプログラムされたロボットだった。
夫婦はデイビットを愛したが、ある日実の息子が奇跡的に意識を取り戻した…




心、は自由であるもののこと。
愛=心。
愛を持つロボットは、その愛によって、嫉妬・悲しみ・憎しみ・幸福・欲求…などを感じるのだろう。

人は、愛の大小は関係なくも、誰もが愛から生まれたと言ってもいいと思う。
愛されたことをっきっかけに色々なことを考える。
ロボットは目的を持たされて造られたのだから、使い捨てに過ぎない。
しかし愛を持たされたからには、それは人の魂のように永遠に"生きて"いくのだと思う。

このように考えれば考えるほど悲しく、複雑で難しく、奥深い内容だと思うのだが、泣けなかった。
泣き所がわからない、あるのだけど、見所が分からない、はっきりいってまとまりがない作品。

あれだけヒットした作品で、劇場に観に行って、DVDでみて、さらにまた最近DVDでみたのに…
Jude Lawがかっこいいということくらいしか共通に思うことはなかった。
スレッド:映画感想|ジャンル:映画
映画タイトル  ア行03.23(Thu)04:28コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。