» HOME  » RSS  » ADMIN

プロフィール

ララ

ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12ヶ月



笑い ★★★★☆
涙   ★☆☆☆☆
憧れ ★★★★★


監督 :Beeban Kidron
出演 :Renée Zellweger /Colin Firth /Hugh Grant /Jim Broadbent



内容
ブリジット・ジョーンズの日記』の続編。
ブリジット(Renée Zellweger)は、弁護士のマーク(Colin Firth)と付き合い始めて6週間。
世界一最低男ダニエル(Hugh Grant)が旅行番組の司会者として人気で腹立たしいことを除けば、
現在のこの人生はまさにバラ色、幸せの絶頂だった。
しかし、マークが美人秘書と浮気をしているのではないかという噂を耳にする…




前回よりも更に面白い、本当に良い意味で"よくできた映画"だと思います。
ギャグは万人受けされるように出来ているし、構成も人が最も飽きにくいように出来ている。
まさにヒット映画といった感じです。
さすがに出演者もRenee、Colin、Hugh、となれば余程のことが無い限りA級作品入りだろうし、
制作国もアメリカにととどまらず、イギリス、ドイツ、フランス…
ヒットする要素をめいいっぱい詰め込んでいるわけです。
そして、前作に引き続いて、役作りのために太ったRenee。
彼女のこの作品シリーズに対する熱心な気持ちはアカデミー賞主演女優賞並だと思います。
         ハ行11.29(Wed)23:23コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

バス男 ~ナポレオンダイナマイト~



笑い ★★★★★
青春 ★★☆☆☆
変人 ★★★☆☆


監督 :Jared Hess
出演 :Jon Heder /Jon Gries /Haylie Duff /Efren Ramirez



内容
ダサくて頭もさえず、学校でからかわれる毎日を送るナポレオン(Jon Heder)。
彼の家族も変人だらけ。兄はチャット、叔父のリコ(Jon Gries)は通販ビジネスに夢中になっていた。
ある日ナポレオンは、転校してきたメキシコ人のペドロ(Efren Ramirez)と仲良くなる…




超低予算映画。それもまたこの作品の良さのひとつ。
役者の気だるい演技の表情や登場人物の濃さが絶妙。
個人差がありそうな、爆笑とまではいかないが後引く面白さにはまりました。
これは見た人のみが知るコメディ。こんな笑いもありなんだ、と感心します。
大きな笑いで構成されているメジャー級のコメディよりも数倍面白い。
さりげなく散りばめられた笑い、しかししっかりと気を使われている。
これこそ本物だと思いました。

納得いかないのは邦題です。
電車男が大ヒットした当時に"ナポレオン★ダイナマイト"として日本上陸したこの作品。
B級映画の作品をどうにかしてヒットさせよう考えられたのでしょう。
オタクが主人公であるというのが共通したことから、"バス男"に変更された。
無駄。
         ハ行11.12(Sun)22:33コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

パニッシャー



監督 :Jonathan Hensleigh

出演 :Tom Jane /John Travolta /Ben Foster



内容
ある日、資産家ハワード・セイント(John Travolta)の息子が、密輸取引現場でFBIに射殺される。
この背後に潜入捜査官キャッスル(Tom Jane)の存在を知ったセイントは、
その復讐に、とキャッスルの家族を殺してしまう。
キャッスルはセイント一味を、復讐、ではなく制裁すると決意をする…



かっこいい!!終始釘付けになってしまうアクション。
しかしありえない展開。
奇跡的すぎる復帰、またそれも面白いのだけど、肝心な最後があっけなかったりと、
少々物足りなさは感じつつも、短くよくまとまった作品だと思います。
人間の怒り、恐れ、愛、など、色々な感情がちょっとずつテーマになっています。

スレッド:映画|ジャンル:映画
         ハ行09.02(Sat)16:43コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

ハイスクールミュージカル



監督 :Kenny Ortega
出演 :Zac Efron /Vanessa Anne Hudgens /Ashley Tisdale /Lucas Grabeel



内容
父親がプロプレイヤーで、自分もバスケットボールにしか目がない高校生のトロイ(Zac Efron)は、
大晦日の夜、母親に行くように言われた行われたパーティーで、
初対面のガブリエル(Vanessa Anne Hudgens)とデュエットすることになる。
嫌々歌い出だしたトロイだったが、ガブリエルの歌声に惹かれ、
二人は互いに魅力を感じ合いながらも、ガブリエルは姿を消してしまった。
新学期、ガブリエルが転向してきたことから、二人は偶然にも学校のクラスで再会する。
再び意気投合した二人は学校の掲示板でスクールミュージカルのオーディション広告を見つける。
最初は乗り気でなかった二人だが、あの夜を忘れられず、再びデュエットを目指すことになった。
しかしオーディションには、姉弟シャーペイ(Ashley Tisdale)とライアン(Lucas Grabeel)が
毎年主役有力候補であり、彼らに勝たなければいけなかった…




現代版ミュージカル。
ハイスクールミュージカルというだけあって、舞台武術にはそれほどこってはいませんが、
歌と演出、ダンスの振り付けなどで、完成度の高いミュージカルになっていると思います。
赤は密度を高く見せ、舞台を華やかにする効果があるので、それがかなり効いていたと思います。

ストーリーが凝縮されすぎていて、時々不自然に感じる部分もいくつかありました。
この作品は2作目ができてほしいです。
物語がオーディション止まりだったので、次で完成してほしいですね。

ZacとVanessaはベストカップルだと思います。

スレッド:映画感想|ジャンル:映画
         ハ行08.27(Sun)03:25コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

パッチ・アダムス



監督 :Tom Shadyac
出演 :Robin Williams /Monica Potter /Daniel London /Peter Coyote



内容
人生に疲れ自殺未遂を繰り返していたアダムス(Robin Williams)は精神科に任意入院をする。
ある日、夜中に幻覚が原因で騒ぎ出したルームメイトと心を通わせられたことがきっかけで、
アダムスは、患者に親身になって力になることの出来る医者を目指し、医大入学をする…




患者と心の奥底から信頼し合えて心を通わせることのできる医者はどれだけいるのだろうか。
パッチ・アダムスにとって、医者という職業はもはや医者ではないのではないかと思った。
彼にとって医者という意識よりも強い何かが、彼に人助けをさせているような気がした。
パッチのような医者が少しでも増えてくれればいいのにな、と思った。

この映画であらためてRobin Williamsは素晴らしいと思った。
彼の演技には他の俳優にはないものがたくさんある気がする。
表情だったり振る舞いだったり…色々。
それと同時にやっぱりMonica Potterはキレイ。
         ハ行05.06(Sat)18:25コメント(2)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。