» HOME  » RSS  » ADMIN

プロフィール

ララ

ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

コメント投稿フォーム

本文:


名前:

件名:

BLOG/HP:

PASS:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

dot3 dot5
dot1 dot1

スポンサーサイト のトラックバック

スポンサーサイト のトラックバックアドレス

dot3 dot5
dot1 dot1

ノッティングヒルの恋人



監督 :Roger Michell
出演 :Julia Roberts /Hugh Grant /Rhys Ifans /Tim McInnerny



内容
ロンドンにある街、ノッティングヒル。
ここで小さな旅行誌専門の本屋を経営する、バツイチのウィリアム(Hugh Grant)。
そこにある日偶然、ハリウッド女優のアナ(Julia Roberts)が訪れた。
偶然が訪れ、二人は再会する…




話の内容としては非現実的で、そういう意味では"ニューヨークの恋人"のような映画。
終始「これってありえないよな~」と思いながらみていました。
ジュリアの美しさと、ヘロヘロした感じのヒューの役柄がとても合っていました。

小さな本屋の男が恋に落ちた相手はハリウッドスター。
住む世界はほとんど違う。
スクリーンに映る彼女を眺めていたウィリアムが良かったです。

毎回思うのですが、エンディングは何故泣けるのでしょうか?
これはこの映画に関わらず、大体どの映画にも言えることなのですが。
映画のエンディングには不思議な力があるのだと思います。
全てのエンディングがハッピーエンドとは限らないけれど、どんなラストも素敵です。
幸せを感じたり、悲しみや同情だったり。
映画の素晴らしさを感じました。
スポンサーサイト
スレッド:映画感想|ジャンル:映画
         ナ行08.16(Tue)01:46コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

コメント投稿フォーム

本文:


名前:

件名:

BLOG/HP:

PASS:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

dot3 dot5
dot1 dot1

ノッティングヒルの恋人 のトラックバック

ノッティングヒルの恋人 のトラックバックアドレス

dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。