» HOME  » RSS  » ADMIN

プロフィール

ララ

ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

コメント投稿フォーム

本文:


名前:

件名:

BLOG/HP:

PASS:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

dot3 dot5
dot1 dot1

スポンサーサイト のトラックバック

スポンサーサイト のトラックバックアドレス

dot3 dot5
dot1 dot1

ハイド・アンド・シーク



監督 :John Polson
出演 :Robert De Niro /Dakota Fanning /Famke Janssen /Elisabeth Shue




内容
心理学者のデビッド(Robert De Niro)の妻アリソンが、浴室で自殺した。
そして9歳の一人娘エミリー(Dakota Fanning)は、この衝撃的な出来事を目の当たりにしてしまう。
それ以来、心を閉ざしてしまったエミリー。
父親のデビッドは、娘の心が癒えるようにとニューヨーク郊外の湖のほとりにある静かな町へと引っ越す。
それでもなかなか心を開かないエミリーは、いつしかチャーリーという“見えない友達”と遊ぶようになる。
最初は、トラウマを抱えた子供によくある単なる想像上の遊びと考えていたデビッドだったが…。





結末を知ってしまったらこの映画の意味がなくなってしまうので、
これから見る人のためにも、直接的な感想は避けたいのですが、
簡単にいうと、「シックスセンス」と「シャイニング」が合体した感じ。
Dakota FanningとRobert De Niroの名演技。
でも、宣伝広告に書いてあるような「超感動」は全くしませんでした。

ホラー映画ではなかったけど、完璧なスリラー。
終始ドキドキさせられて、どこか変な筋肉を使った気がします。
一度見ただけでは多少の謎は残るものの、次々と明かされていく事実には驚くばかり。
感動はしなかったけど、とても面白い作品だったので、みなさんも是非。
スポンサーサイト
         ハ行04.29(Fri)17:18コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

コメント投稿フォーム

本文:


名前:

件名:

BLOG/HP:

PASS:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

dot3 dot5
dot1 dot1

ハイド・アンド・シーク のトラックバック

ハイド・アンド・シーク のトラックバックアドレス

dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。