» HOME  » RSS  » ADMIN

プロフィール

ララ

ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

コメント投稿フォーム

本文:


名前:

件名:

BLOG/HP:

PASS:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

dot3 dot5
dot1 dot1

スポンサーサイト のトラックバック

スポンサーサイト のトラックバックアドレス

dot3 dot5
dot1 dot1

グッバイ・レーニン



ドイツ(2003年)

歴史 ★★★★★
笑い ★★★☆☆
感動 ★★★★☆

監督 :Wolfgang Becker
出演 :Daniel Bruhl /Katrin Sas /Chulpan Khamatova /Maria Simon


内容
1989年、東ベルリン、テレビ修理店に勤める青年アレックス(Daniel Bruhl)。
父は10年前に家族を捨て、西側に亡命した。
一方、母クリスティアーネ(Katrin Sas)は、その反動からますます愛国心を強めていく。
そんなある日、秘かに反体制の考えを持っていたアレックスが反社会主義のデモに参加。
クリスティアーネは、アレックスが警察と衝突するところを偶然目撃してしまう。
その結果、クリスティアーネはショックで心臓発作を起こし、昏睡状態に陥ってしまう。
その間にベルリンの壁は崩壊、統一ドイツは資本主義国家となる。
8ヶ月後、クリスティアーネは奇跡的に意識を取り戻すのだが…。



ベルリンの壁崩壊というとても大きな歴史の変化をユニークに描いた作品。
政治を知れば知るほどワンシーンがコメディにみえてますます面白いと思う。
愛国心を強く持った母に、ショックを与えないために、数々の嘘をついていくアレックス。
その本格的っぷりといったら素晴らしいものです。
全ては母を守るため、ここのところも面白おかしく切実に、描かれていますので、必見です。
良い映画だったんですけど、どう書いて良いのか分からないのでこのへんで。

スポンサーサイト
         カ行07.15(Sun)09:52コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

コメント投稿フォーム

本文:


名前:

件名:

BLOG/HP:

PASS:

SECRET:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

dot3 dot5
dot1 dot1

グッバイ・レーニン のトラックバック

グッバイ・レーニン のトラックバックアドレス

dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。