» HOME  » RSS  » ADMIN

プロフィール

ララ

ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

アイス・プリンセス



アメリカ(2005年)

希望 ★★★★☆
青春 ★★☆☆☆
恋愛 ★★☆☆☆

監督 :Tim Fywell
出演 :Michelle Trachtenberg /Hayden Panettiere /Joan Cusack /Kim Cattrall


内容
勉強が得意な女子高生ケイシー(Michelle Trachtenberg)は、ハーバード大学入学の奨学金を得る為のレポートとして、フィギュアスケートの回転の分析を研究テーマに選んだ。
彼女はスケートリンクを訪れ、選手達の練習風景をビデオに撮って研究を始める…。



シンデレラストーリー。
努力すれば何だってできる、という希望に満ち溢れたサクセスストーリーかと思いきや、
やっぱり天才が勝つ、というメッセージのほうがかなり強く感じました。
それはそれで良いのですが、ハーバード入学を諦めてまでフィギュアの道へ行く、という、親からみればハチャメチャな娘。ですが完璧なんですよね。
あまりにも非現実的なストーリーでしたが、良いほうに考えましょう。

誰にでも生まれながらにもった才能があり、それを磨けば必ず開花する、という意味も込められていると思います。
ティナが、地区予選敗退したケイシーに、「才能が無かったってことよ」と言うシーンがありましたが、このセリフは全く正反対の意味を持っているんでしょうね。
そのずっと前からティナはケイシーの才能が恐ろしかったんですね。
作品の中のひとつのカギみたいなものだと思いました。
フィギュアの演技のシーンは綺麗でした。
スポンサーサイト
映画タイトル  ア行10.05(Fri)22:00コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

Dearフランキー



イギリス(2005年)

大人 ★★★★☆
涙  ★★★☆☆
人生 ★★★☆☆

監督 :Shona Auerbach
出演 :Gerard Butler /Emily Mortimer /Jack McElhone


内容
リジー(Emily Mortimer)は夫の暴力に耐えれず、母親と難聴の幼い息子フランキー(Jack McElhone)を連れて逃げ出し、スコットランドを転々としながら生活をしていた。
何も知らされずに育ったフランキーは9歳になり、まだ見ぬ父への想いを強めていた。
しかし、リジーはフランキーに「父親はアクラ号で世界中を航海しているから会えない」という説明をして、父親のフリをして息子宛の手紙を書き続けていたのだが…



父親の存在を信じて前向きに待ち続ける子どもの純粋な強さに、心がしんみりとしました。
作品は、子どもに目を向けながらも、大人側の目線で描かれているような気がしました。
だからこそ、“そうだったのか”とラストに込み上げてくる切なさと温かさが、とてもハートフルでした。
最後は、子どもが成長したのか、それとも子どもの強さに大人が気付いたのか分かりませんが、フランキーが母親リジーよりも強く思えました。
大人の映画だと思います。
ばりばりのフランス映画だと思ったら、制作国はイギリスでした。

         タ行10.01(Mon)19:33コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。