» HOME  » RSS  » ADMIN

プロフィール

ララ

ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

シザーハンズ



芸術  ★★★★☆
感動  ★★★★★
 愛   ★★★★★


監督 :Tim Burton
出演 :Johnny Depp /Winona Ryder /Dianne Wiest /Vincent Price



内容
発明家によって生み出された人造人間エドワード(Johnny Depp)。
しかし製造中に発明家が急死してしまったため、エドワードは両手がハサミのままに。
城のような古屋敷に一人で暮らしていたエドワードのもとを、
偶然、化粧品セールスウーマンのペグ(Dianne Wiest)が訪ねてきた。
エドワードの姿に同情したペグは、彼を自分の家に連れて帰ることに…




Johnnyの、ユニークで愛らしく切なすぎる演技が、映画がヒットした最大のポイントだと思います。
Tim Burton独特な映像美も魅力でしたが、Johnnyあってこそ生かされい
たように思えました。
目鼻がきりっとしてとても美人なこの金髪女優が、Winona Ryderだと気付いて驚きました。
若いうえに金髪で、イメージとかけ離れていました。

幻想的で美しい世界のなかで繰り広げられた切ないストーリー。
とても深いと思いました。
両手には鋭いハサミ。
それは一つの才能であり、幸せになるための手段でもあったのです。
博士が彼にハートを与えた瞬間、彼は笑うこと、悲しむこと、愛すことを手に入れたのです。
それが善のかたまりであった気がします。
恋をしたことで変わっていく世界、色々な感情に常々共感しました。
スポンサーサイト
         サ行12.31(Sun)01:44コメント(2)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

小さな恋のメロディ



涙   ★★★★★
純粋  ★★★★★
爽やか★★★★★


監督 :Waris Hussein
出演 :Mark Lester /Tracy Hyde /Jack Wild



内容
典型的な中流家庭のダニエル(Mark Lester)と、やんちゃなトム(Jack Wild)は大親友。
放課後になると、2人はいつも一緒に遊んでいた。
ある日、学校で2人は女子生徒がバレエ練習をしている部屋を覗いてみると、
その中にいた一人の美しい少女メロディ(Tracy Hyde)の姿にダニエルが一目惚れをしてしまう…




不朽の名作
幼い子供たちの本当に小さな小さな恋ではあるが、確実に愛し合い、愛を深めようとする。
その純粋すぎる心と、可愛らしさ、強い絆に、涙を流さずにはいられません。
背景に流れるBGMも爽やかで、より一層作品を美しくひき立てます。
中でも、"LOVE SOMEBODY"は名曲。
爽やかなシーンと共に、心が洗われるような心地にさせてくれます。

60年代に公開された名作『オリバー』で主役オリバーを演じたMark Lesterと、
同作で助演をしたJack Wildが、本作でも再び共演しています。
とてもよく似合うコンビだと思います。
また、Markの幼くて切ない瞳や表情が、観客の心を掴む魅力を持っていて、
これもまたこの映画の大きな魅力だと思います。
メロディ役のTracy Hydeも美人。
彼らはずっと映画界に残ることはありませんでしたが、
そのスタンスこそが名作をつくる一つの要素となっているような気がしました。
         タ行12.09(Sat)19:56コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

マイ・ボディーガード



涙   ★★★★★
ダコタ ★★★★★
愛    ★★★★★



監督 : Tony Scott
出演 : Denzel Washington /Dakota Fanning /Mickey Rourke /Marc Anthony



内容
元CIAの特殊部隊員ジョン・クリーシー(Denzel Washington)は、
16年の間米軍の対テロ部隊に所属し、暗殺の仕事にかかわってきた。
そのせいでいつからか心を閉ざし、生きる希望を見失ってしまった。
ある日、彼に新しい任務が与えられた。
それは、誘拐事件が多発しているメキシコで、実業家の娘ピタ(Dakota Fanning)を護衛すること…




現代版『レオン』ともいわれたこの作品。
生きる希望をなくした男を救ったのは9歳の女の子。
多くの人間がこういう愛に弱いものです。
自分の命を捨ててまでも守りたいという愛の大きさは私たちの想像を超えるでしょう。
自分の子でなくてもそう思えるその心の強さが多くの感動をよびます。

やはり内容が似ているので『レオン』と比べてしまいます。
『レオン』は不朽の名作であると思います。
大規模なアクションから、街も心も破壊されるような衝撃に襲われます。
それに比べて『マイボディーガード』はアクションの迫力はいまいち。
アクションよりも物語の解決までの捜査をメインに描かれているのでスカッと感は無いです。
         マ行12.06(Wed)21:19コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

キャプテン・ウルフ




笑い    ★★★☆☆
子役の力 ★★★★☆
アクション ★☆☆☆☆


監督 :Adam Shankman
出演 :Vin Diesel /Lauren Graham /Chris Potter /Brittany Snow



内容
アメリカ海軍特殊部隊が誇る最強シェーン・ウルフ(Vin Diesel)。
彼は、誘拐されて殺害されたプラマー教授の遺族を守るために、
ハウスキーパーとなって一家と共同生活をするという任務を任される。
しかし、この家の子供達は反抗期真っ只中の19歳の長女から、オムツをはいた赤ちゃんまで…




ディズニーが制作したアクションコメディー。
やはり子役に頼ってしまった作品となっていると思います。
さわやかな笑いとハートフルな涙を誘うのはさすがディズニー、悔しくも泣けました。
子役の子達も可愛い、これは卑怯だろうと思ってしまうほど。
子供達の役作りが分かりやすく、それぞれに個性を持たせていたのが良かったです。

主役のVin Dieselのアクションに期待をしていましたが、たいしたこと無かった。
もっとできるだろう、と少し残念。
あえてアクションを派手にしなかったのか構成の意図はよく分かりませんが、
あの筋肉にはもったいないくらい、物足りませんでした。
片腕腹筋のシーンではあからさまにガクガク揺れてたしね。
実際どうなんだVin。
         カ行12.04(Mon)00:46コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。