» HOME  » RSS  » ADMIN

プロフィール

ララ

ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

17歳のカルテ



監督 :James Mangold
出演 :Winona Ryder /Angelina Jolie /Brittany Murphy /Whoopi Goldberg /Clea DuVall



内容
異常な行動から周囲を驚かせていたスザンナ(Winona Ryder)は、
精神病の患者が過ごす、クレイモアという精神療養施設へ送られることになった。
スザンナは逃げようとするが、自分より更に深い心の闇を抱えた患者達に出会う…




出演者がとても豪華。
『天使にラブソングを』のWhoopi Goldberg、『トゥームレイダー』のAngelina Jolie、
『Mr.ディーズ』のWinona Ryder、『8Mile』のBrittany Murphy、
そして、『パラサイト』で私が大注目していたClea DuVallなどの大物が多く出演している。
監督は、今年度アカデミー賞、ゴールデングローブ賞で注目された『ウォーク・ザ・ライン』
ニューヨークの恋人』など、爽やかなラブストーリーを製作する傍ら、
『アイデンティティー』『コップランド』などスリリングな作品を手掛けた実力派。
これだけ名前を語ることの出来る製作・キャストの濃さは珍しいと思う。

この作品で、Angelina Jolieがアカデミー賞助演女優賞に輝いた。
役者達の演技は、どれも心の芯に突き刺さるほどリアルで悲しいものだった。
精神病の患者が繰り広げるストーリー、そして映像には、
私自身が個人的に大きな衝撃を受けたものもあるが、それを現実として受け入れ、
17歳という年齢は自分自身の色々な葛藤と闘わなければいけないのだと思った。
17歳は弱さ・悲しさをいかにして踏み台にして、生きるか強くなるかの最大拠点だと思う。
この映画のように、辛い自分の影には、傷をなめ合ったり支えてくれるような、
そんな暖かい仲間が必ずいるのだと、元気をくれる作品でもあると感じました。
スポンサーサイト
         サ行03.25(Sat)15:11コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

アイアムサム



監督 :Jessie Nelson
出演 :Sean Penn /Michelle Pfeiffer /Dakota Fanning



内容
知能障害で7歳までの知能しか持たないサム(Sean Penn)は、
コーヒーショップで働きながら、逃げた妻との間に出来た娘ルーシー(Dakota Fanning)を育てている。
ルーシーとサムは仲良く幸せに暮らしていたが、ルーシーは7才になりサムの知能を超えようとした時、
サムは養育能力が足りないという理由で、2人は離れ離れにされてしまう…




親子の愛について、とても純粋に考えることのできる映画です。
Dakota Fanningの、ちょっと高慢でも演技力の高さには感心します。
知能障害という男を演じたSean Pennの演技・表現力にも泣かされました。
子を親以上の身としてただ純粋に愛す彼の行為や言葉が胸に響きます。
親子愛NO1の映画だと思いました。そのわりには爽やか。
映画タイトル  ア行03.23(Thu)18:49コメント(2)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

AI



監督 :Steven Spielberg
出演 :Haley Joel Osment /Jude Law /Frances O'Connor /William Hurt



内容
近未来、人間の周りには彼らの生活を助けるために造られたロボットがたくさんいた。
外見は人間だが、心はなかった。
ある日、不治の病に侵されている少年を持つ夫婦に、子供のロボット・デイビットが与えられた。
デイビットはロボットとして初めて「愛」がプログラムされたロボットだった。
夫婦はデイビットを愛したが、ある日実の息子が奇跡的に意識を取り戻した…




心、は自由であるもののこと。
愛=心。
愛を持つロボットは、その愛によって、嫉妬・悲しみ・憎しみ・幸福・欲求…などを感じるのだろう。

人は、愛の大小は関係なくも、誰もが愛から生まれたと言ってもいいと思う。
愛されたことをっきっかけに色々なことを考える。
ロボットは目的を持たされて造られたのだから、使い捨てに過ぎない。
しかし愛を持たされたからには、それは人の魂のように永遠に"生きて"いくのだと思う。

このように考えれば考えるほど悲しく、複雑で難しく、奥深い内容だと思うのだが、泣けなかった。
泣き所がわからない、あるのだけど、見所が分からない、はっきりいってまとまりがない作品。

あれだけヒットした作品で、劇場に観に行って、DVDでみて、さらにまた最近DVDでみたのに…
Jude Lawがかっこいいということくらいしか共通に思うことはなかった。
スレッド:映画感想|ジャンル:映画
映画タイトル  ア行03.23(Thu)04:28コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。