» HOME  » RSS  » ADMIN

プロフィール

ララ

ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

ハイド・アンド・シーク



監督 :John Polson
出演 :Robert De Niro /Dakota Fanning /Famke Janssen /Elisabeth Shue




内容
心理学者のデビッド(Robert De Niro)の妻アリソンが、浴室で自殺した。
そして9歳の一人娘エミリー(Dakota Fanning)は、この衝撃的な出来事を目の当たりにしてしまう。
それ以来、心を閉ざしてしまったエミリー。
父親のデビッドは、娘の心が癒えるようにとニューヨーク郊外の湖のほとりにある静かな町へと引っ越す。
それでもなかなか心を開かないエミリーは、いつしかチャーリーという“見えない友達”と遊ぶようになる。
最初は、トラウマを抱えた子供によくある単なる想像上の遊びと考えていたデビッドだったが…。





結末を知ってしまったらこの映画の意味がなくなってしまうので、
これから見る人のためにも、直接的な感想は避けたいのですが、
簡単にいうと、「シックスセンス」と「シャイニング」が合体した感じ。
Dakota FanningとRobert De Niroの名演技。
でも、宣伝広告に書いてあるような「超感動」は全くしませんでした。

ホラー映画ではなかったけど、完璧なスリラー。
終始ドキドキさせられて、どこか変な筋肉を使った気がします。
一度見ただけでは多少の謎は残るものの、次々と明かされていく事実には驚くばかり。
感動はしなかったけど、とても面白い作品だったので、みなさんも是非。
スポンサーサイト
         ハ行04.29(Fri)17:18コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

イノセントボーイズ



監督 :Peter Care
出演 :Kieran Culkin /Jena Malone /Emile Hirsch /Jodie Foster /Jake Richardson



内容
フランシス(Emile Hirsch)は厳格なカトリック系ジュニアスクールに通う14歳。
親友のティム(Kieran Culkin)や、ウェイド(Jake Richardson)達と共に、
この保守的な学校でエネルギーを持て余していた。
フランシスは最近付き合い始めたばかりのマージー(Jena Malone)に夢中になっていた。
そして、校長のシスター(Jodie Foster)を悪のボスに見立て、
自分達のヒーローがやっつける内容の漫画を描きながら楽しんでいた。
しかし、その漫画がシスターに見つかり、停学処分になってしまう。
フランシス達は学校に仕返しをするため、あるイタズラを実行するのだったが…。





現代版「スタンド・バイ・ミー」と言われている作品。
原作は「放課後のギャング団」。
まだまだ純粋な14歳の少年達の生活や感情が、切なくも爽やかに描かれている映画でした。

『僕達が死んでもなにも変わらない』というのが、この映画のキャッチコピー。
人間はとても小さい、ということなのでしょうか。
この映画にはとても考えさせられました。

未だに理解出来ない現実、自らが作り上げる空想の世界、そして突然見えた現実。
少年達は、現実を理解するにはあまりにも未熟だったのです。
数多くの過ちを犯しながら、色々なことを感じ、成長していくのだと思います。
ラストはいつ見ても衝撃的。
是非見てみてください。
映画タイトル  ア行04.24(Sun)18:58コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

メラニーは行く!



監督 :Andy Tennant
出演 :Reese Witherspoon /Josh Lucas /Patrick Dempsey /Candice Bergen



内容
ニューヨークで活躍する若手ファッション・デザイナーのメラニー(Reese Witherspoon)。
恋人のアンドリュー(Patrick Dempsey)は富豪にしてニューヨーク市長の息子。
メラニーは、仕事もプライベートも誰もが憧れるパーフェクトな毎日を送っていた。
そしてメラニーは、貸し切りのティファニーで、アンドリューからプロポーズを受ける。
人生最高の瞬間、のはずが、彼女には1つだけ秘密があった。
メラニーは高校時代、はずみで結婚してしまい、
夫のジェイク(Josh Lucas)が未だに離婚に応じてくれないのだった。
そこでメラニーは、離婚届を手に過去に決着を付けるため、
アンドリューに内緒で故郷アラバマへと向かうのだったが…。




この映画は、Reese Witherspoonのイメージが強いようだけど、
わたしの大好きな、俳優Josh Lucasの出演作。
JoshはSalma Hayekと交際していたけれど破局し、今はHeather Grahamと噂になっているようです。

そして映画は…ストーリーよりも演技で楽しめた気がします。
メラニーとジェイクの喧嘩シーンはテンポが良くて楽しめました。
でも、物語の展開には、やや問題ありと感じました。
1人の女性が、2人の男性の間で迷う。
本当に幸せになるためにはどっちへ行けばいいのかな?という普通の話。
そこまでは良いのですが、ラストに驚き。
スッキリしないというか、納得できないというか、後味が悪かったです。

         マ行04.23(Sat)22:31コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

アビエイター



監督 :Martin Scorsese
出演 :Leonardo DiCaprio /Cate Blanchett /Kate Beckinsale /Jude Law /Alan Alda



内容
実在したアメリカの大富豪ハワード・ヒューズの波瀾の半生を描いた伝記ドラマ。
18歳で亡き父の事業を引き継ぎ大富豪となったハワード・ヒューズ(Leonardo DiCaprio)。
21歳になった彼は、その莫大な財産を全て注ぎ込み、航空アクション映画「地獄の天使」を製作。
30年に同作を完成させると大ヒットを記録し、彼は一躍ハリウッドの仲間入りを果たす。
やがて、人気女優キャサリン・ヘプバーンと出会い、2人は恋に落ちる。
その後も次々とヒット作を生み出す一方、航空会社を買収し、
自らの操縦で世界最速記録を更新するなど、大空への夢も実現させていくハワードだったが…




一つの映画としてみたら、とても素晴らしい作品だと思います。
操縦シーン、大空を航空機が飛ぶシーン、Leonardo DiCaprioの確かな演技力…など。
さすがスコセッシの映画、というだけあって、とても良かったと思います。
でも、やっぱりアカデミー賞を逃した作品。
納得できてしまうことが残念です。

上映時間約170分。
無駄なシーンが多かったような気がします。
繰り返しあるセリフ、なかなか切り替わらない場面。
もう少し短く出来たのではないかと思ってしまいました。
でもそれがハワード・ヒューズの生涯を描いた伝記映画なのだと考えると、
賛否両論といったところでしょうか。

ハワード・ヒューズについての予備知識があったほうが、より楽しめると思います。
映画タイトル  ア行04.18(Mon)21:31コメント(2)トラックバック(3)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

アメリカンパイ3 ウェディング大作戦



監督 :Jesse Dylan
出演 :Jason Biggs /Seann William Scott /Alyson Hannigan /Eugene Levy



内容
大学卒業を間近に控えたジム(Jason Biggs)。
ジムは、初体験の相手で付き合い始めて3年になるミシェル(Alyson Hannigan)と、
大学卒業を機に結婚をすることを決意。
そして、ミシェルが望む理想の結婚式を計画する。
ところが、その知らせを聞いてやって来た悪友のスティーヴ(Seann William Scott )達は、
協力どころか、ミシェルの妹をめぐって恋のバトルを繰り広げる始末。
さらに彼らは、独身最後のジムのため、
ストリッパーを呼んで結婚式前夜のバチェラー・パーティを企画する。
その晩ジムは自宅にミシェルの両親を招き、結婚前の挨拶をする予定だった…




ついに、アメリカンパイ最終話です。(たぶんこれ以上は出ないかと)
残念なのは、Chris KleinやMena Suvari…など、前作までの出演者が出演していないこと。
やっぱり売れっ子になってしまったからなのでしょうか?
監督は、「ビー・バッド・ボーイズ」を手掛けたJesse Dylan。
この映画、まだ見たことないので、今度見てみたいと思います。

ジムがついに結婚です。
ここまでの作品をみた人は分かると思いますが、ジムとミシェルは超お似合いカップル。
2人の濃いキャラクターがとても好きです。
是非1話から見てみてください。
映画タイトル  ア行04.17(Sun)15:10コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

アメリカンサマーストーリー 



監督 :James B. Rogers
出演 :Jason Biggs /Shannon Elizabeth /Alyson Hannigan /Chris Klein /Seann William Scott



内容
高校を卒業して、それぞれ大学へと進んだ彼ら。
ところが、未だに女性経験のないジム(Jason Biggs)は、
今度こそは悲願達成との誓いを胸に、夏休みを地元で過ごす。
そこへ、運良く昔の恋人が帰ってくる。
彼が童貞だということを彼女に悟られまいと、
高校時代の女友達のミシェル(Alyson Hannigan)に女性の扱い方を教えてくれるよう頼み込む。
ところが、ミシェルは高校時代にジムのことが好きだったのだ。
そんなことは知らず、ミシェルに教えを乞うジムだったが…



前回に増して、面白さや過激さがパワーアップしています。
そこまでするのか!?と驚いてしまう場面もありました。
なんと、Seann William Scottは30才。
それなのに若々しく、思春期真っ盛りの青年を演じていました。
アメリカンパイシリーズでは、彼にしか出来ない役になっていました。
演技が個性的で面白かったです。

そしてやっぱり見所は、若者達によって繰り広げられる下ネタの数々。
アメリカンパイシリーズで1番過激な作品なのではないでしょうか。
この作品は面白い、と再確認できた作品でした。

映画タイトル  ア行04.17(Sun)14:55コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

アメリカンパイ



監督 :Paul Weitz
出演 :Jason Biggs /Chris Klein /Thomas Ian Nicholas /Mena Suvari /Alyson Hannigan



内容
高校3年の冴えない男子生徒のジム(Jason Biggs)は、
卒業を前に、何とか“初体験”を済ませようと、
同じ“バージン”の悪友達と共に恋人探しの大奮闘を開始。
仲間達が次々に恋人をゲットしていく中、間の悪いジムはシングルのままプロムの夜を迎える…。




アメリカの若者達の象徴といってもいい青春コメディ。
下ネタで始まり、下ネタで終わる。
最後まで笑えて面白くて、この作品は大好きです。

出演者が意外と豪華、というのも見所だと思います。
この映画は1999年のもので、
「アメリカンパイ」を機に、有名になった俳優や女優も多いらしいです。

題名の「アメリカンパイ」の意味って?
その理由は映画の中で分かります。
納得というか、想像もしていなかったわけで、かなり笑えました。
これはアメリカで流行ったんじゃないかな?(笑)
是非見てみてください♪
映画タイトル  ア行04.16(Sat)19:03コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

バッファロー'66



監督 :Vincent Gallo
出演 :Vincent Gallo /Christina Ricci /Anjelica Huston /Ben Gazzara




内容
5年の刑期を経て出所してきたビリー(Vincent Gallo)は、愛を知らないアナーキーな男だった。
仕事だと言い訳し、家を離れ、両親に“結婚した”と偽っていた。
ビリーは、実家に戻るために、
通りすがりに出会ったレイラ(Christina Ricci)を誘拐し、妻の代わりなってくれと頼む…。




Vincent Galloが、監督・脚本・音楽を担当した自伝的作品。
音楽狂のVincentが製作ということで、彼なりのこだわりもあったようで、
BGMの使い方がとても自然で素敵だと思いました。

回想シーンや、主人公目線で映る世界が分かりやすくて、とても落ち着いて見られる作品でした。
主人公のビリーの謎も次々と解決されていくし、
同時に、個性的で笑える演技から、Vincentの魅力にも気付けます。

初めは、映画の雰囲気の安っぽさから不安を感じたのですが、
ビリーがレイラを誘拐する辺りからは、そんなことは気になりませんでした。
怒鳴り続ける男に対し、少しも怖がろうとしない女。
トイレに行きたいのを我慢できず、落ち着かない男。
派手なラブシーンは無いけど、純愛とまでもいかない。
個性的で暖かくなれる映画だと思います。
         ハ行04.10(Sun)04:05コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

ウォーク・トゥ・リメンバー



監督 :Adam Shankman
出演 :Mandy Moore /Shane West /Peter Coyote




内容
離婚した母と2人暮らしをする、高校生のランドン(Shane West)は、
両親を嫌って反発的になり、騒ぎばかり起こす無為な日常を送っていた。
一方、同じ学校に通うジェイミー(Mandy Moore)は優等生。
演劇部に所属し、慈善活動にも精を出す。
強い信念を持ち、亡くなった母を慕いながら、牧師で厳格な父と暮らしていた。
ある日、ランドンは事故を起こした罰として学校から演劇部への参加と慈善活動を命じられる。
そして、一緒に行動することが多くなったランドンとジェイミーは、徐々に惹かれ合っていく。
しかし、二人の間に芽生えたものが真実の愛だと気付いた時、
ジェイミーはランドンにある秘密を打ち明けなければならなかった…





幅広く活動する、アメリカのティーンスターのMandy Moore。
この作品をみて彼女を知ったことがきっかけで、Mandyのファンになりました(笑)
Shane Westもかっこいいです。
素のShaneは、少し怖い顔のイメージがあったのですが、
この作品では二人とも純粋な高校生、を演じきっていました。
ラブシーンやすれ違いは、見てるこっちがソワソワしてしまう程。
これも映画の楽しみの一つですよね。

この映画の原作は、あの有名な「メッセージ・イン・ア・ボトル」。
それを聞いて興味がわく人もいれば、全く見たくなくなる人もいるはず。
簡単に言ってしまえば、病気や死と戦うラブストーリーです。
でもこの映画はとても良いお話だと思うので、色々な人に見てもらいたいです。

わたしが映画に興味を持つきっかけになった映画です。
優しくて、心が温まります。
女の子のために、男の子が必死になるんです。
大切な人に出会って人生が変わる、これって素晴らしいことですよね。
そんな映画です。是非見てください。

映画タイトル  ア行04.08(Fri)00:22コメント(1)トラックバック(1)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

チアーズ



監督 :Peyton Reed
出演 :Kirsten Dunst /Eliza Dushku /Jesse Bradford /Gabrielle Union



内容
チアリーディングがスポーツ競技として社会的にも一定の高い地位を確立しているアメリカ。
そんなアメリカのハイスクールを舞台に、
チアリーディングに全てを賭けて打ち込む女子高生の姿を描いた青春コメディ。
彼女達のパフォーマンスは、生傷の絶えない過酷で危険な練習あってのもの。
しかし、互いに対照的な2つのチーム“トロス”と“クローヴァーズ”は、
全国大会の優勝目指してライバル心剥き出しで激しい練習に励んでいた…



昨日、3回目の鑑賞を終えました。
何度見ても面白い、釘付けになる、もう一度みたいと思う、
こんな素敵な作品にはそう簡単には出会えないと思います。

見所は言うまでもなく、彼女達のパフォーマンス。
見ていて気持ちが良いほど、キレのあるダンスと技術。
途中から映画だということを忘れてしまうほどです。

この映画からは、毎回色々なことを学びます。
彼女達にとって、チアリーディングは青春。
ライバルがいるから負けたくないと思う、頑張れる。
恋人がいる、一緒に頑張れる仲間がいる、負けたくないことがある、そしてライバルもいる。
これこそ本当の青春だなと感じました。
         タ行04.06(Wed)02:30コメント(2)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

夏休みのレモネード



監督 :Pete Jones
出演 :Adiel Stein /Mike Weinberg /Aidan Quinn /Kevin Pollak /Bonnie Hunt



内容
カトリックの家庭に育つ8歳のピート(Adiel Stein)は、
消防士の父、優しい母、そして7人の兄弟に囲まれて元気に暮らしていた。
シスターからお仕置きばかりされていたピートは、神の道を行くために、
兄から教えられた「異教徒をカトリックに改宗させれば聖人になって天国に行ける」の言葉通り、
ユダヤ教の教会堂へ通い始めることになった。
そこで出会った教会のラビ(Kevin Pollak)の息子のダニー(Mike Weinberg)と、
この夏を過ごしていくのだが…




Ben AffleckとMatt Damonが、新人発掘のために発案したオンライン脚本コンテストによって、
約1万2千本の中から選ばれた作品を映画化した人間ドラマ。
ユダヤ教徒を改宗して、天国に行かせようと試みる主人公のピート。それが彼の探求。
とても爽やかで、自然と心がキレイにされるような映画。

子供の病気が絡んでいるけれど、悲しいだけの映画じゃないと思う。
8歳の少年の成長と可能性、
少年を見守る父親と母親の暖かさ、
身近な人の死、
友情、信仰、
人生の意味…など、たくさんのことを追求していく映画。

「すごく泣けるよ」と言われてみたので、
泣く準備は出来ていたのですが、本当によく泣きました!
あとから、自分はどこで一番泣いたんだろう、と考えていたのですが、
特にここは泣けるだろう、という場面はあまりなく、じわじわとくる感じです。
暖かくなれる作品だと思います。
         ナ行04.03(Sun)17:26コメント(0)トラックバック(1)Top↑
dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。