» HOME  » RSS  » ADMIN

プロフィール

ララ

ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

Dearフランキー



イギリス(2005年)

大人 ★★★★☆
涙  ★★★☆☆
人生 ★★★☆☆

監督 :Shona Auerbach
出演 :Gerard Butler /Emily Mortimer /Jack McElhone


内容
リジー(Emily Mortimer)は夫の暴力に耐えれず、母親と難聴の幼い息子フランキー(Jack McElhone)を連れて逃げ出し、スコットランドを転々としながら生活をしていた。
何も知らされずに育ったフランキーは9歳になり、まだ見ぬ父への想いを強めていた。
しかし、リジーはフランキーに「父親はアクラ号で世界中を航海しているから会えない」という説明をして、父親のフリをして息子宛の手紙を書き続けていたのだが…



父親の存在を信じて前向きに待ち続ける子どもの純粋な強さに、心がしんみりとしました。
作品は、子どもに目を向けながらも、大人側の目線で描かれているような気がしました。
だからこそ、“そうだったのか”とラストに込み上げてくる切なさと温かさが、とてもハートフルでした。
最後は、子どもが成長したのか、それとも子どもの強さに大人が気付いたのか分かりませんが、フランキーが母親リジーよりも強く思えました。
大人の映画だと思います。
ばりばりのフランス映画だと思ったら、制作国はイギリスでした。

スポンサーサイト
         タ行10.01(Mon)19:33コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

小さな恋のメロディ



涙   ★★★★★
純粋  ★★★★★
爽やか★★★★★


監督 :Waris Hussein
出演 :Mark Lester /Tracy Hyde /Jack Wild



内容
典型的な中流家庭のダニエル(Mark Lester)と、やんちゃなトム(Jack Wild)は大親友。
放課後になると、2人はいつも一緒に遊んでいた。
ある日、学校で2人は女子生徒がバレエ練習をしている部屋を覗いてみると、
その中にいた一人の美しい少女メロディ(Tracy Hyde)の姿にダニエルが一目惚れをしてしまう…




不朽の名作
幼い子供たちの本当に小さな小さな恋ではあるが、確実に愛し合い、愛を深めようとする。
その純粋すぎる心と、可愛らしさ、強い絆に、涙を流さずにはいられません。
背景に流れるBGMも爽やかで、より一層作品を美しくひき立てます。
中でも、"LOVE SOMEBODY"は名曲。
爽やかなシーンと共に、心が洗われるような心地にさせてくれます。

60年代に公開された名作『オリバー』で主役オリバーを演じたMark Lesterと、
同作で助演をしたJack Wildが、本作でも再び共演しています。
とてもよく似合うコンビだと思います。
また、Markの幼くて切ない瞳や表情が、観客の心を掴む魅力を持っていて、
これもまたこの映画の大きな魅力だと思います。
メロディ役のTracy Hydeも美人。
彼らはずっと映画界に残ることはありませんでしたが、
そのスタンスこそが名作をつくる一つの要素となっているような気がしました。
         タ行12.09(Sat)19:56コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

トゥルーロマンス



監督 :Tony Scott
出演 :Christian Slater /Patricia Arquette /Gary Oldman /Christopher Walken



内容
ビデオショップで働く青年クラレンス(Christian Slater)は、
誕生日に店長に差し向けられたコールガールのアラバマ(Patricia Arquette)に出会う。
瞬間的に恋に落ちた二人は出会って間もなく結婚する。
アラバマのボスのドレクセル(Gary Oldman)に会いに行ったクラレンスだが、
突然殺されかけ、自分の身を守るためにドレクセルを殺してしまった。
慌てて逃げようと持ち帰ったカバンには、手違いで大量のコカインが入っていた…





さすが、脚本担当Quentin Tarantinoというだけあって、初めから最後までハチャメチャな展開。
それでもかなり面白く、スリル満点のアクションシーンと期待できるストーリーは素晴らしい。
麻薬・犯罪という泥沼なテーマを取り上げているにもかかわらずこの映画がお洒落に見えたのは、
体当たり演技で可愛らしさもあったPatricia Arquetteがあってこそだと思う。
彼女が身につけていた衣装が華やかでポップなものが多かったというのもあるだろうが、
力強くも女らしさが失われない彼女の演技が光っていたからだと思う。

出演者が書ききれないほど豪華で、意味無く出演していた(笑)
Brad Pitt、Christopher Walken、Samuel L. Jackson、Chris Penn…ほとんど脇役。
スレッド:映画感想|ジャンル:映画
         タ行02.20(Mon)00:28コメント(2)トラックバック(1)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

ダイナソー



監督    :Eric Leighton
出演(声) :D.B. Sweeney /Ossie Davis /Julianna Margulies /Max Casella



内容
何千年も昔の白亜紀時代。そこには恐竜たちのが存在していた。
広大な台地が広がる自然、たくさんの種類の恐竜が弱肉強食のなかで生活する世界だ。
ある日突然、空から巨大な隕石が落ちてくる。
森は焼き尽くされ、水は干からび、多くの恐竜達が死んだ。
それでも生き残った恐竜たちは生きるため、命の楽園を求めて大移動をする…




小学生の頃に映画館へ観にいった作品。
とても迫力があり、音響・映像、何もかもがとても印象的だった。
前半、卵を運ぶ恐竜が空を飛んでいたシーンは美しかった。
あたり一面に限りなく続く台地が見事に再現されて映っていた。
それを最近、ディズニーチャンネルで放映していたのを再びみたのだが、
テレビ画面でみてもかわらず美しかった。
恐竜の細かい動きは特に、CG技術はとても優れていると思う。
スレッド:映画感想|ジャンル:映画
         タ行01.15(Sun)01:52コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

ディッキー・ロバーツ 俺は元子役スター



監督 :Sam Weisman
出演 :David Spade /Alyssa Milano /Mary McCormack



内容
70年代に大活躍した元子役スターのディッキー・ロバーツ(David Spade)。
しかし、35歳になった彼に輝きはなく、オーラの無い冴えない大人になっていた。
ある日、スターへの返り咲きを狙ったディッキーは、新作映画のオーディションを受けようとする。
そこで“普通の男”を演じるはずが、彼自身が“普通の大人”になっていないと指摘をうける。
そして役作りのために、昔体験できなかった“普通の少年時代”を過ごそうとする…




子役スターの現実は決して楽なことばかりではないのだという。
友達と遊べない・売れないと親に捨てられる・親は子の金目当て・本当の愛情をもらえない。
これは子役スターの実態を見事に描いたコメディだ。
現在活躍している子役も、この先はどうなるか分からない、というのが恐ろしい。
わたしが注目している子役は何人かいるが、
その中で一体どれだけの子役が将来も活躍してくれるのだろうか。
スターへの返り咲きというのにも数々の苦労があり、ハリウッドではそれは常に競争となっている。
この映画にもあったように、本当に大切なのは、人気でもお金でもない、愛情であったり心である。
日本未公開の映画ではあるが、なかなか面白い作品なので是非みてほしい。
スレッド:映画感想|ジャンル:映画
         タ行01.04(Wed)21:42コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。