» HOME  » RSS  » ADMIN

プロフィール

ララ

ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

ゾディアック



アメリカ(2007年)

スリル ★★★★☆
グロ系 ★★★★☆
すっきり★☆☆☆☆

監督 :David Fincher
出演 :Jake Gyllenhaal /Mark Ruffalo /Robert Downey Jr. /Brian Cox /Chloe Sevigny


内容
実話に基づいて制作されたサスペンス。
――1969年7月4日。カリフォルニア州でドライブ中の若いカップルが銃撃された。
通報者は、最後に「犯人は俺だ」と言い残し電話を切った。
それから約1ヶ月後、サンフランシスコ・クロニクル紙に、
「7月の事件を含め2件の殺害を実行した」という声明文が書き記された一通の手紙が届いた。
送り主は自らを“ゾディアック”と名乗り、さらにそこには謎の暗号文も添えられており、
それを新聞の一面に載せなければ大量殺人を決行する、と脅迫してきたのだった。
同紙の風刺漫画家ロバート(Jake Gyllenhaal)は、この暗号解読に没頭していく。
その一方では、サンフランシスコ市警の刑事トースキー(Mark Ruffalo)らも真相を探るが…



まずはただの感想を言います、 怖かったです。
グロい映像が苦手な私には少々息苦しかったです。
スリルを味わいたい方には良いと思います。
それから、単調な長セリフが多くて眠くなった箇所もいくつかありました。
起承転結の転結にめりはりが無かったからでしょうか、物足りなさが残りました。

前代未聞の事件だった、だから映画化しよう、こういうのがアメリカらしいのかな、と思いましたが、
犯人が明らかになることで観客が満足感を得るのか、というと、それは違うだろう、と思いました。
"映画"として観客に楽しんでもらうものを造るということは、実話では難しい気がしました。
この際での実話は、特に、こういう犯罪ものです。
まるで奇跡のような実話はどんどん映画化されていますけど、
それは人々に感動と希望を与えるので、いつの時代でも親しまれて人気があります。
何かありえないようなエピソードが込められているなら、映画のストーリーが秀でるものになるのかもしれませんが、そういう面で、犯罪は難しいんだと思います。

ちなみに個人的には、Clea DuVallがひょっこり出ていたのが嬉しかったです。ちなみに囚人役。
彼女の出演作は、「パラサイト」や「17歳のカルテ」「THE JUON」「CSI」などで、
美人ではないけど、鼻筋が通っていて目と眉がキリっとした、若干男前な女優です。
「パラサイト」で初めて知ったんですが、とても存在感があったので目をつけました。
きっと日本では今後も知名度上がらないと思いますけど、素敵な女優さんなので是非見てください。

スポンサーサイト
         サ行07.12(Thu)00:47コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

スカイ・ハイ


アメリカ (2005年)

笑い ★★★☆☆
青春 ★★★★★
恋愛 ★★★☆☆

監督 :Mike Mitchell
出演 :Michael Angarano /Kurt Russell /Kelly Preston /Mary Elizabeth Winstead



内容
並外れた能力・スーパーパワーを持つスーパーヒーローを育てる雲の上の学校“スカイ・ハイ”。
今年新入生として入学することになった少年ウィル(Michael Angarano)。
Willの両親は世界最高のスーパーヒーロー夫婦。
その名は、ザ・コマンダー(Kurt Russell)、ジェットストリーム(Kelly Preston)。
しかしWillは未だにスーパーパワーが開花せず、彼は一人で悩んでいた…




アメコミ風青春コメディ。
ディズニー制作というだけあって完成度はとても高い。
その上楽しみどころが満載なので幅広い世代の方が楽しめると思います。
役一人一人に細かい設定がしてあるので細かいところまで楽しめます。
飽きさせる隙がないというのはこのことですかね。
また、青春らしくちょっぴり切ない恋愛も含められていて、少し涙してしまいました。
ティーンエイジャーの心をがっしり掴む作品、さすがディズニーですね。
         サ行04.02(Mon)20:40コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

シザーハンズ



芸術  ★★★★☆
感動  ★★★★★
 愛   ★★★★★


監督 :Tim Burton
出演 :Johnny Depp /Winona Ryder /Dianne Wiest /Vincent Price



内容
発明家によって生み出された人造人間エドワード(Johnny Depp)。
しかし製造中に発明家が急死してしまったため、エドワードは両手がハサミのままに。
城のような古屋敷に一人で暮らしていたエドワードのもとを、
偶然、化粧品セールスウーマンのペグ(Dianne Wiest)が訪ねてきた。
エドワードの姿に同情したペグは、彼を自分の家に連れて帰ることに…




Johnnyの、ユニークで愛らしく切なすぎる演技が、映画がヒットした最大のポイントだと思います。
Tim Burton独特な映像美も魅力でしたが、Johnnyあってこそ生かされい
たように思えました。
目鼻がきりっとしてとても美人なこの金髪女優が、Winona Ryderだと気付いて驚きました。
若いうえに金髪で、イメージとかけ離れていました。

幻想的で美しい世界のなかで繰り広げられた切ないストーリー。
とても深いと思いました。
両手には鋭いハサミ。
それは一つの才能であり、幸せになるための手段でもあったのです。
博士が彼にハートを与えた瞬間、彼は笑うこと、悲しむこと、愛すことを手に入れたのです。
それが善のかたまりであった気がします。
恋をしたことで変わっていく世界、色々な感情に常々共感しました。
         サ行12.31(Sun)01:44コメント(2)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

秘書 セクレタリー



監督 :Steven Shainberg
出演 :Maggie Gyllenhaal /James Spader /Lesley Ann Warren



内容
内気なリー(Maggie Gyllenhaal)の癖は自傷行為をしてしまうこと。
資格としてタイピングを勉強していた彼女は、自立するため、
ある弁護士事務所の弁護士グレイ(James Spader)の秘書になった。
しかし色々なミスを繰り返すリーに対して、グレイの教育は厳しかった。
ある日、グレイに怒られていつものように自傷行為をしようとしていたリーに、グレイが近付いた…




Maggie Gyllenhaalのキュートな表情や好印象を与える演技力にとても惹かれました。
美人というわけではありませんが不思議な魅力を持っていて、素敵な女優さんだと思いました。
James Spaderの演技は初めてみたのですが、ミステリアスで怪しい雰囲気や、
ちょっとエロティックな顔つきや男らしい声に、かなり惚れてしまいました。
今は少し太ってしまいましたが、若いときはかなり美少年ですよ。

作品の雰囲気はなかなか好きです。
弁護士とその秘書という関係を面白くミステリアスにつかっているし、
ストーリー展開もドキドキするので見ごたえがありました。
豹変する男と待つ女、かなりSMが入っていると思いますが、
この映画をただのSM映画として見るならそれ止まりだと思います。
実は内気な男と内気な女の、内気な恋。
ほとんどが、Maggie演じるリーの視点で物語りは進められていましたが、
その中でJames演じるグレイの心情を強く読み取ることが出来ます。
恋をする人間の欲望、本当の心が描かれている作品だと思いました。
スレッド:映画感想|ジャンル:映画
         サ行09.04(Mon)23:41コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

サンダーパンツ



監督 :Peter Hewitt
出演 :Rupert Grint /Bruce Cook /Simon Callow /Keira Knightley



内容
異常なほどオナラがでてしまう体質をもつパトリック(Bruce Cook)は、
このオナラのせいでいじめられ、教師や家族からも毛嫌いされていた。
そんなパトリックの唯一の友達は、天才少年発明家のアラン(Rupert Grint)。
彼は鼻が悪いため、オナラのにおいは全く気に入らないのだ。
そしてパトリックのため、彼が発明した優れものは…




正真正銘のバカ映画。オナラで宇宙へ飛ぼうという内容。
と思いきや、あまりにもパトリックが純粋で一生懸命で、この彼の姿や言葉に泣かされた。

途中は『アルマゲドン』のパロディかと勘違いしてしまった。
いやいや、一緒にしてはいけない!!これにはこれの良さがある。
ジョーク交じりですが心に残ったセリフがたくさんありました。

宇宙に飛び立つ直前に一言。
「これはぼくの夢です。必ず全力で頑張ります。初めて頼りにされました。
家でも頑張っていましたが、ママの期待にはこたえられなかった。」

宇宙に飛んで一言。
「ぼくは平凡な子だ。ずっとそうだった。利口でも勇敢でもない。でも1つ自慢できる。
僕は自分らしさをみつけて、自身を持てたんだ。みんなも大丈夫。
弱点だと思っているものは本当に弱点?よく見て使ってみなよ。
賢く、うまく利用するんだ。そうすれば、もしかして、いつか、夢が叶うかもしれない。」

そして地球に帰って一言。
「人生で最高の出来事です」

夢を達成したときが人間にとって1番幸せな瞬間なわけだが、それを改めて強く教えられた。
映画でありフィクションなのにもかかわらず、それを忘れ、
パトリック本当に頑張ったね!!とほめてあげたくなった。
         サ行04.09(Sun)01:21コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。