» HOME  » RSS  » ADMIN

プロフィール

ララ

ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

ユー・ガット・サーブド



釘付け ★★★★★
青春  ★★★★★
涙    ★★☆☆☆


監督 :Chris Stokes
出演 :B2K /Tanee McCall /Malcolm David Kelley


内容
デビッド(通称D)(Omarion Grandberry)とエルジン(通称エル)(Marques Houston)は無二の親友。
彼らと仲間達はLAを本拠地として数々のバトルで常勝しているストリートダンサーだ。
ある日、バトルの掛け金を稼ぐためにDとエルがやっていた麻薬運びの仕事を、
Dがエルの妹(Tanee McCall)とデート中だったせいで、エルがひとりで運ぶことになる。
しかしその途中、エルは何者かに麻薬を盗まれ怪我を負わされてしまう。
ダンスをする体も壊れたあげく金も失い途方に暮れるエルは、
自分の大切な妹とデート中で音信不通だったDに怒り、そのせいでチームまでがばらばらに…




ダンスに全てをかける男達の友情、努力、熱さに釘付けになります。
さすがB2K。ダンス世界一と言っても過言ではないです。
ストリートシーンはこれでもかというほど映っているし、
ブレイクの技も豊富でユニーク。ダンス好きにはたまりません。
カメラワークも最高、というか彼らのダンスが最高。

友情にも感動しました。
ダンスはたった一人でも仲間が欠けると、チームワークをとるのが本当に難しい
のです。
心を一つにして踊ることが、どれだけチームにとって大切なことか。
全員でたった一つの目標を目指す、この熱い気持ちに色々考えさせられました。
この映画をみるとB2Kの解散がとても惜しくなります。
ストリートダンス史上、このうえない作品。
最高です。
スポンサーサイト
         ヤ行10.29(Sun)20:43コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

ユー・ガット・メール



監督 :Nora Ephron
出演 :Tom Hanks /Meg Ryan /Greg Kinnear



内容
ニューヨークの小さな本屋を経営しているキャスリーン(Meg Ryan)にとって、
インターネットで知り合った友達"NY152"とチャットをすることが何よりも楽しみだった。
しかしある日、店の近くに大手本屋チェーンが開店すると決まった。
その大規模本屋を経営するジョー(Tom Hanks)は、何度もキャスリーンの店に下調べにくる。
2人はお互いを最悪なライバルだとけなし合うが…




出会い系から生まれる恋を、こうも簡単に爽やかに描いてしまったことには驚いた。
アップテンポなBGMに、ラブコメディお決まりのアメリカンジョークも飛び出し、
リズム感のあるストーリーの流れは、全く飽きないといってもいいほどだった。
しかし欲を言うなら、結末への結びが奇跡的過ぎることが納得いかない。
辻褄が合わないうえ無理矢理すぎるし、主人公達の気持ちを全く無視したエンディングだと思う。
それにしても、「ニューヨーク~」「~inニューヨーク」という、題名にNYのついた作品や、
ニューヨークを舞台においた作品は、大体楽しめて面白いものが多いと思う。
ニューヨークは画になる街で、毎日何かが起きている街、ドラマのある街なのだと思う。
スレッド:感想|ジャンル:映画
         ヤ行04.06(Thu)11:07コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

夢のチョコレート工場



監督 :Mel Stuart
出演 :Gene Wilder /Peter Ostrum /Jack Albertson



内容
ワンカ(Gene Wilder)のチョコレートは評判が良く、世界中の子供たちに愛されている。
しかし、ワンカはその美味しさの秘密を探る者達に嫌気がさし、工場を閉鎖してしまう。
そこでワンカは、世界中で販売されているチョコレートの中に、
わずか5個分だけ当たり付きがあり、手に入れた人だけに工場に招待すると決める。
そして幸運な5人が決定。
その中の一人のチャーリー(Peter Ostrum)は、おじいさん(Jack Albertson )と一緒に、
不思議な工場の中へ足を踏み入れるのだが…




とてもファンタジーな世界だったので、その世界に、涙がでるほど感動してしまいました。
2005年9月10日に、Tim Burton監督・Johnny Depp主演で、
これと同じ「チャーリーとチョコレート工場」が公開されますが、どうなるか楽しみです。

わたしがお気に入りのシーンは、太った男の子がチョコレートの中に落ちてしまうところ。
わたしも落ちてしまいたくなりました。
この映画は、全ての人に夢を与えてくれる世界を持っていると思いました。
歌も踊りもあり、ミュージカルも満載で、とても素敵な作品だと思います。
スレッド:オススメの映画|ジャンル:映画
         ヤ行08.30(Tue)15:01コメント(2)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。