» HOME  » RSS  » ADMIN

プロフィール

ララ

ブロとも申請フォーム

dot1 dot1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告--.--(--)--:--|コメント(-)|トラックバック(-)|Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

プラダを着た悪魔



アメリカ(2006年)

女性向け ★★★★★
人生    ★★★★★
恋愛    ★★★★☆


監督 :David Frankel
出演 :Meryl Streep /Anne Hathaway /Stanley Tucci /Emily Blunt


内容
大学を卒業し、ジャーナリストを目指してNYへやって来たアンディ(Anne Hathaway)は、ひょんなことから、一流ファッション誌“RUNWAY”の編集長ミランダ(Meryl Streep)のアシスタントに就くことになった。
お洒落に疎いアンディはミランダが何者かも知らなかったが、ミランダは、誰もが恐れるファッション界のカリスマだった。
朝昼夕関係なく浴びせられるミランダの命令に、アンディは混乱するのだが…


ファッションをモチーフにした映画なので、女性にとってはとても見応えのある作品だと思う。
小物の一つ一つがブランドで、それを見ているだけでも十分面白みがある。
ファッション業界の模様を描いているので、色々な面で楽しめるのではないでしょうか。
Meryl Streep演じる悪魔のような上司、ブランドに包まれたその存在感と振る舞いは、まさに適役と言っても良いほど。

仕事・キャリアを第一に考える女性の奮闘と人生について、リアルに描かれている作品です。
成功した女性だけが得る、一見全ての女性が憧れる何か。その何かを得た反面、失ってしまうモノ。
本当に大切なこと、自分にとって本当の幸せとは何か。
自分が生きるために、捨てなければいけないモノとは…

この映画には、様々なパターンの生き方が描かれています。
仕事中心で生きる人、キャリアを求める人、夢に向かってひた向きに頑張る人、など。
作品の中では、結局どの生き方が良いか、というように結論は出さず、
どんな生き方にも失うものは必ずあり、得るものもそれぞれの選択次第、と、
つまりどの生き方も素敵であり、どの人生も素晴らしい。
こういうメッセージが強く残されているように感じました。



スポンサーサイト
         ハ行01.21(Mon)18:04コメント(2)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

ぼくセザール 10歳半 1m39cm



フランス(2003年)

笑い ★★☆☆☆
子役 ★★★★☆
感動 ★☆☆☆☆


監督 :Richard Berry
出演 :Jules Sitruk /Maria de Medeiros /Joséphine Berry


内容
セザール(Jules Sitruk)は、10歳半、1m39cm。ぷっくりした体系で、クラスでは地味な存在。
反対に、親友のモルガンはかっこよくて成績優秀。
セザールは、転校生の美少女、サラ(Joséphine Berry)に恋をしたのだが、アピールの方法が分からないままだった…



フランス映画独特のタッチで、子ども目線に描かれている米国社会やフランス文化が、時々奇妙に見えたりもして、それが印象的だった。
ストーリーはたまにあるような、子どもが実の親を求めて旅へでる、というもの。
そこで10歳の子ども達の初恋が描かれている。
フランス映画ということもあってか、女性のヌードが普通にでてきました。
表現の自由というか芸術面の自由さ、フランスやドイツは大らかですよね。

見所の一つは、女の子 サラが美しすぎること。撮影時期には11歳だったという1992年生まれのJoséphine Berry、それでも10歳という設定とは思えない、セクシーなんです。本当に可愛いのですが、他の出演作は探しても日本では見当りませんでした。注目したいです。


         ハ行12.22(Sat)16:45コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

ハイスクールミュージカル2



アメリカ (2007年)

感動 ★★☆☆☆
青春 ★★★★★
恋愛 ★★★☆☆


監督 :Kenny Ortega
出演 :Zac Efron /Vanessa Anne Hudgens /Ashley Tisdale /Lucas Grabeel


内容
ハイスクールミュージカル』続編。
皆が楽しみにしていた夏休みが始まった。
トロイ(Zac Efron)は恋人のガブリエル(Vanessa Hudgens)と良い思い出を作る約束をする。
そこで、トロイはガブリエルや仲間と共に、金持ちが集まる別荘のアルバイトをすることに。
しかしその別荘にいたのは、シャーペイ(Ashley Tisdale)一家だった…



一言で感想を言うと、前作のほうが良い。
ダンスは前回よりもパワーアップしているのですが、もっと見せ場を作るべきだと思いました。
演出は素晴らしいし、映像もきれい、ストーリーも十分なくらいなのですが。
個人的には、もっと恋のどんでん返しが欲しかった。
ZacとVanessaのデュエットをもっと派手にやってほしかった。
派手さが、前回よりも無かったです。

         ハ行09.22(Sat)01:08コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

パッチギ



日本 (2004年)

笑い ★★★★★
社会 ★★★★★
感動 ★★★★☆

監督 :井筒和幸
出演 :塩谷瞬 /沢尻エリカ /高岡蒼佑 /小出恵介 /オダギリジョー /楊原京子 / …


内容
1968年、京都。ある日、東高校2年生の松山康介(塩谷瞬)は、
"日頃争いの絶えない朝鮮高校へ親善サッカーの試合を申し込みに行け"
という担任からの指示を受け、親友である紀男(小出恵介)と朝鮮高を訪れることになった。
そして流れてきた音楽に惹かれ入った音楽室で、キョンジャ(沢尻エリカ)に一目ぼれ。
しかしキョンジャの兄は朝鮮高校の番長、アンソン(高岡蒼佑)であることを知る…



意識の8割を制作側の構成力に向けながら観たのですが、ストーリーにも入り込めました。
後で知ったのですが、『パッチギ』=『壁を破る、頭突き』という意味なのですね。
終盤に、「これがパッチギじゃあああああ!」というアンソンのセリフがあったのですが、
物語の流れを意識しながら改めて考えてみると、ここのシーンにはとても感動。
不良達の真っ向勝負や国境問題、恋愛…などの要素から、最後の最後に大切なことに気付かせてくれる作品。
本当に熱い映画だと思う。
久しぶりに気持ちよい映画を見ました。
スカッとね、スカッ。

構成について。
一昔前の時代を演出するためにかけたんだろうフィルタの雰囲気が、味わい深くて、良いです。
構図も、井筒様こだわってるなあという感じ。
さり気なくずーっと後ろの方を歩くエキストラの入り方も、まじリアルでした。

多くの個性的な役とストーリーをばんばん出してきて、え、結局は誰が主役?と思わせておいて、最後はバシッと主役が役達のストーリーをまとめあげる!
これには本当にすっきりしました。

個性的な役と演技だけが一人歩きせず、かと言って演出が派手で浮いているわけでもなく、シトシトときてブっ飛ぶ感じが、すっごく良い。
面白い上に無駄無し。
撮り方がうまいって、このことなんだなあ。



         ハ行08.31(Fri)19:10コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
dot1 dot1

ふたりのロッテ


ドイツ 1993年

ハートフル★★★★☆
笑い    ★☆☆☆☆
子役の魅力★★★★★

監督 :Joseph Vilsmaier
出演 :Floriane Eichhorn /Fritzi Eichhorn



内容
母がキャリアウーマンのルイーズ(Floriane Eichhorn)と、父が売れない劇団員のチャーリー(Fritzi Eichhorn)はサマー・スクールで出会った。しかし、二人の顔がそっくりなうえ、出身地や誕生日までが一緒。二人は双子だった…



児童小説の映画化。
ストーリーは、子供たちが離婚した両親のキューピットになる、というもの。
大人の事情、そんなものは子供たちの純粋に"一緒にいたい"という気持ちで泡となる。
児童小説なので若干大げさな演出やストーリー展開はあるものの、
この作品のキーワードの一つにもなっている「人生には時に急停車が必要なときがある」という、
名言のような一言通りに物語の筋立てがされていて、その点がとても共感を呼ぶのだと思う。
         ハ行04.02(Mon)20:10コメント(0)トラックバック(0)Top↑
dot3 dot5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。